誠恵高校の今を伝えるメディア。志望大学の合格をめざし、奮闘するメンバーの姿をありのままお届けします。

head_slash.png
17

2019

November

【誠恵高校合格特訓プロジェクト】 第1期終了!気になる結果と進路は?

2019.04.15

すっかり春めいて、あたたかい陽気が感じられるようになった今日この頃。

 

春の訪れとともに、誠恵高校の新年度がはじまりました。3年生はそれぞれの進路へと旅立ち、新たに入学した1年生を迎え、校内は新鮮で活気づいた雰囲気に満ちています。

 

1年間取り組んできた誠恵高校の合格特訓コースも1年目の全プロジェクトが終了しました。少し時間が空いてしまいましたが、1年目の最終結果をご報告したいと思います。

 

勉強が苦手だった僕たちが、初めてがむしゃらに勉強した1年間

 

合格特訓コースの第一目標は、生徒全員が自らの志望校に合格すること。

 

ちょうど一年前、コースに参加した生徒たちは全員が自分の現状の実力では到底届かないレベルの大学への合格を目標に掲げ、合格を目指して1年間を本気で頑張ることを決意しました。

 

とはいえ、これまで決して勉強が得意だったほうではなく、効率的な勉強のやり方もモチベーションの高め方もわからない状態からのスタート。初めて受けた模試の結果に全員が撃沈したり、勉強したことがなかなか記憶に定着しなかったり、思うように勉強時間が増やせない時もありました。

 

それでも、東大生コーチや誠恵高校の先生たちに何度も叱咤激励を受けながら、少しずつ変わっていた生徒たち。夏の終わりに私たち編集部が誠恵高校を訪れた際、明らかに生徒たちの目の色が変わったコーチへの質問内容が変わったなどと、変化を感じる瞬間と何度も出会うことができました

 

終盤には全員が一丸となって、毎日夜遅くまでラストスパートに奔走。生徒同士でお互いに励まし合いながら、そしてコーチや先生に見守られながら、試験の日まで全力で走りきることができました。

 

試験当日、全力を出し切ってやり尽くせた生徒。

センター試験で平均点以上の点数を獲得した生徒。

模擬試験のE判定を覆して、合格した生徒。

 

みんなの試験での戦いぶりは様々でしたが。一人ひとりが学力アップはもちろんのこと、人としても一回り大きく成長し、この経験を存分に生かして新たな未来を切り開くことができたのです。

 

誠恵高校合格特訓コースの生徒8名の進路

 

今回、一般入試で大学に合格したのは2名。二人とも、一年前の偏差値から考えると非常に高いレベルの大学へと進学することができました。

 

■I.Y.くん

名古屋文理大学 合格

 

■E.K.くん

東海大学 合格

 

また、AO入試・指定校推薦で合格特訓コースの取り組みをアピールし、進路が決まった生徒もいます。

 

■O.Y.くん

立正大学 合格

 

■K.O.くん

関東学院大学 合格

 

■K.N.くん

日本保健医療大学 合格

 

■S.H.くん

静岡産業大学 合格

 

 

東京藝術大学への進学を目指していたY.H.さんは、なんと1次試験に合格。惜しくも2次試験を通過することはできませんでしたが、目標達成まであと一歩のところまでたどり着くことができました。かねてから思い描いていた夢を実現すべく、もう一度受験にチャレンジするそうです。

 

センター試験当日にインフルエンザにかかってしまい、100%の実力が出せなかったS.K.くん。もともとは医療系の大学を志望していましたが、今回のプロジェクトを通じて「もっと幅広い知識を学びたい」という思いが強くなりました。普通科の大学に進学すべく、来年の受験に向けて新たな挑戦をスタートさせています。

 

誠恵高校の教育方針には、「どの生徒も必ず大きく変わる、成長できる」という強い信念があります。今回プロジェクトに参加してくれた生徒たちも、全員が一年前とは比べものにならないほど成長し、いろいろな変化を私たちに見せてくれました。

 

卒業はゴールではなく、新しいスタートの第一歩。それぞれの未来へ歩みを進めた8名の若者が、幸せで輝く毎日を過ごしてくれることを心から願い、これからもずっと応援し続けたいと思います。